2010年05月31日

異星人グレイと座敷童子と妖精の正体

fef2e059.jpg

私の知人で、グレイに遭遇したという人物がいる。
氏は、千葉県に住む年配の事業家で、嘘をつく人ではない。
ある日、車で帰宅途中、夜の林道を走っていると、前方に光り輝く物体が浮かんでいて、その下に宙に浮いたグレイがいたという。
で、そのまま通過して帰宅したそうだ(笑)
帰宅後、奥さんを連れて現場に戻ると、UFOもグレイも消えていたという。

氏の友人の女性資産家も、グレイに遭遇したらしい。
彼女は、大学時代に東京郊外のアパートに住んでいて、深夜、勉強中にグレイが壁をすり抜けて部屋に入って来たという。
驚いて叫ぶと、グレイも驚いて壁の中に飛び込んで逃げたという(笑)
どちらもグレイタイプの宇宙人で、全裸だったらしい。

一説によると、グレイは地球侵略を狙う異星人で、ハルマゲドンの「反キリスト軍」だと言われている。
しかし、高度な知性を持っている宇宙人が、全裸とは考えにくい。
グレイは露出狂なのだろうか……。

gre1.jpg

実は、グレイは地球産の両生類である事が判明している。
「チュパカブラ」と呼ばれるUMAが、グレイの正体なのだ。
日本では「河童」と呼ばれ、皮膚は緑以外に、赤茶色や灰色など、いくつかの種類があるようだ。
では、グレイの付近に光り輝く小型UFOが滞空していたり、グレイが空中に浮遊したり、壁を透過したり出来るのは何故なのか……。

大槻教授は、UFOはプラズマの誤認だと言っている。
グレイと共に出現する光の玉は、「球電」と呼ばれるプラズマなのだ。
グレイは、プラズマを発生させる能力を有している事が確認されている。
グレイの障害物透過能力や空中浮揚能力も、全てプラズマで説明できる。
ニューメキシコシティを中心に、世界各地で目撃されている「フライング・ヒューマノイド」の正体もチュパカブラだと考えられているが、果たしてどうだろうか。

c0196902_1443716.jpg

こいつが深夜の座敷に現れて、昔の人が子供の霊だと思って「座敷童子」と名付けたのだろう。
「座敷童子が出た家は繁栄する」というのは、明らかに迷信である。
前述の、グレイに遭遇した2人は、たまたま資産家になったが……。
下手すると、人体発火現象のように焼き殺される危険性もある。
又は、プラズマが作り出す亜空間に入ってしまって、神隠しに遭うか可能性も否めない。

その場合、亜空間はこの3次元と時間の流れが異なる為、永久に亜空間を彷徨い歩く羽目になるかも知れない。
運良くこの3次元世界に戻って来れたとしても、どこに出てくるかは分からない。

fh01.jpg

上空や海底、砂漠や高速道路の真ん中、南極の氷の上、動物園のライオンの檻の中、ぼったくりバーの店内などに出てきたら洒落にならない。
男の場合、女湯に出てきて桶で殴られて、風呂に沈められて命を失うかも知れない。
当然だが、風呂に沈められると言っても、ソープに売り飛ばされるという意味ではない。

座敷わらし伝説で有名な旅館に、岩手県の緑風荘がある。
私は中学時代、緑風荘に電話で取材したところ、「そうゆう言い伝えがあります」と回答された。
その言い伝えによると、深夜に生木を裂くような音(ラップ音)と共に、子供の霊が現れて金縛りに掛かるという。

h.bmp

大槻教授によると、ラップ音はプラズマの特性の1つであるらしく、霊も生体プラズマである為、幽霊が出る時にもラップ音が聞こえる事がある。
だが、座敷童子の正体が、河童(グレイ)である可能性も否定できない。
座敷童子は吊り上がった大きな目で、唇の薄い子供だという目撃談もあるが、これはエイリアンのモデルにされた「チュパカブラ」の姿と酷似する。

405404493X.jpg

そして、岩手県には河童伝説が多く残されている。
つまり、座敷童子の正体が、河童である可能性がある。
飛鳥昭雄氏によると、緑風荘の近くには断層と河があり、プラズマが発生しやすい地域だという。
プラズマが発生すれば、亜空間と3次元世界の架け橋であるプラズマトンネルが形成され、未知なる生物が出現しても不思議ではない。

グレイは人間や動物を襲うことがある。
だが、決して、地球侵略を企む異星人などではないのだ。
ちなみに、緑風荘が繁栄したのは、座敷童子伝説をネタに集客したからである。
確かに、座敷童子が出たことによって繁栄したのは間違いないが……。
別に、営業妨害している訳ではないので、誤解のないように。
プラズマトンネルが発生しやすい土壌だけに、UMAに遭遇できる可能性はあるのだから。

imagesCA5SATCJ.jpg

但し、グレイに襲われたり、亜空間に入って出て来れなくなっても、私は知らない。
くれぐれも、営業妨害ではない事を念押ししておく。
そのプラズマトンネルが地球内部に直結していたら、アルザルに行く事だって可能なのだ。

私はアルザルに移住したい。
だが、アルザルにはサーベルタイガーがいるらしいので、危険と言えば危険である。
亜空間世界だけに、グレイも沢山いるかも知れない。
アルザル人は、サーベルタイガーやグレイに襲われる心配はないのだろうか。
私はその事を、いつも心配している。

51RwbChoJ9L.jpg

ちなみに、私は夢か体外離脱か分からないが、グレイが地球産UMAとは知らなかった頃、南極でグレイがペンギンのように次々に海の中に飛び込んでいく光景を見た。
その時、「グレイは動物だったんだ」と思った事があった。
もしかすると、北極や南極にはグレイが数多く生息しているのかも知れない。

SNXKC0793%2015122009_1_0_p1.jpg

昨年、部屋の中で妖精を見たという友人がいた。
電気を消して寝る時に、気配を感じて目を開けると、30センチ位の小さいオッサンが立っていたそうだ。
妖精のイメージではないので指摘したが、本人は妖精だと言い張っていた。
もしかするとチュパカブラ(グレイ)かも知れないと思い、詳しく特徴を聞くと、眼鏡をかけていて、洋服も着ていたとの事だった。

私は「それは幽霊だ」と指摘したのだが、その後、全国で小さいオジサンの目撃例が相次いでいる事を知った。
目撃者の多くが子供だが、不思議な事に、その小さなオジサンが「妖精」や「精霊」だと認識されているという共通点があった。
最近では別の友人が、昼間、部屋の窓際に30センチ位の小さなお婆さんが座っていたと言っていた……。
posted by ヘンリー・クライスト(夢蛇鬼王) at 07:09| Comment(0) | 【第1章】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。