2010年05月26日

木星が生んだ軍神と火星の謎

full_jpg.jpg

「マルドゥク=ゼウス=バアル」は木星神だが、バアルと同一神であるはずのルシファーは金星神である。
ギリシア神話と聖書を比較すれば、ゼウスはルシファーを倒した「ミカエル」に当たる。
たが、ゼウスが主神となった以上、ゼウスは「ヤハウェ」と同一神と見るのが適切であろう。
不可解な事は、木星神「マルドゥク=ゼウス=ヤハウェ」と金星神である「ルシファー」が、「バアル」で同一神として結ばれる事である。
バアルは元々「主神」だったが、ヤハウェの登場によって「悪魔」扱いされるようになった。

問題は、何故「バアル」と「ルシファー」が同一視されるようになったのか……である。
その理由の1つは、やはり金星の誕生に起因しているようだ。
それは、木星が金星から誕生した事を、シュメール人が知っていたからであろう。
私の仮説では、金星が誕生したのはシュメール人が誕生する以前……ノアの大洪水前である。

当然、それを目撃したシュメール人は存在しない事になるが、シュメール王国出身のアブラハムはノアの子孫だった。
シュメール人は優れた天文学的知識を持っていた事で知られるが、それは大洪水以前の文明から受け継がれた叡智だろうか……。
また、アダムの時代からの記録がある以上、木星から金星が誕生した事は、ノアによって伝承されていたに違いない。
或いは、天地創造の記述がある事を考えると、透視によって過去を知り得たのかも知れない。

3592236086_f5499e1456_o.jpg

いずれにしても、木星から金星が誕生した姿は、木星が分裂したように見えた事だろう。
つまり、金星神は木星神の分身だと言っても過言ではない。
だが、生まれたての金星は、太陽系の各惑星を脅かす凶暴彗星だった。
木星神が主神であるなら、天界は木星。
まさに、竜の如き凶暴彗星は、天界から追放された「ルシファー」の象徴である。
だが、古代に於いては、悪魔というよりも「軍神」として崇められていた。

バビロニア神話の「イシュタル」、フェニキア神話の「アスタルテ」、ギリシア神話の「アフロディティ」……。
いずれも、凶暴な「戦いの神」としての一面を持っている。
ところが、時を経て、金星は愛と平和の女神「ヴィーナス」となった。
恐らく、その頃に金星は今の軌道に落ち着いたのだろう。
代わって、火星が軍神「マルス」として恐れられるようになった。
ところで、神話では「ヴィーナス」と「マルス」は犬猿の仲である。
ヴェリコフスキーによると、この神話は金星と火星がニアミスを起こした事件の記録だという。

その結果、火星の超古代文明は全滅。
火星の赤土は、金星がもたらした酸化鉄だと考えられている。
そして赤い死の星となった火星は、金星とのニアミスによって地球の内側の軌道に変化し、今度は地球とニアミスを繰り返したという。
紀元前8世紀に地球に再接近した時、地球はポールシフトを起こし、ハドソン湾辺りにあった北極点が現在の位置に移動し、温暖な気候だったシベリアが北極圏になったらしい。

mars_06.jpg

『旧約聖書』には、この時の様子と思われる記録がある。

「そこで預言者イザヤが主に祈ると、主は日時計の影、アハズの日時計に落ちる影を十度後戻りさせられた」
(「列王紀・下」第20章11節)

当時、空から大量の石が降ってきたという記述もあり、これは火星が纏っていた隕石だと考えられている。
それ以降、火星が「軍神」として恐れられるようになり、ユダヤ教では火星は「サタン」の象徴とされている。
そして、空から降ってきた石も「天から降ってきたルシファー」の象徴でもある。
しかし、火星の質量は地球の約1/10しかなく、火星は地球よりも甚大な壊滅的被害を被った事は想像に難しくない。
火星文明の壊滅にトドメを刺したのは、地球だった可能性もある。

だとすると、火星にとっては地球が軍神「ルシファー」だと言えなくもない。
少なくとも、人類の歴史は戦争の繰り返しである。
一見平和に見える国でも、経済戦争が繰り広げられている。
世界的には日増しに軍事色が濃くなり、世界大戦に発展しかねない様相を帯びてきている。

2209844a.jpg

一般的な目で見ると、アメリカが世界の警察であるのに対して、「聖戦」の名の下にテロを起こすイスラム教は、文字通り軍神である。
キリスト教国家のアメリカにとって、イスラム教徒はまさに悪魔以外の何者でもない。
だが、アメリカは世界一の軍事大国であり、理不尽な侵略を受けるイスラム原理主義者にとっては、アメリカこそが悪魔である。
互いに「悪魔」と罵り合うのは、神と悪魔の戦いそのものである。

イスラム教は、キリスト教に敵対する「反キリスト」である。
イエス・キリストが「ヤハウェの子」であるのに対して、反キリストは「ルシファーの子」であり、「偽キリスト(偽メシア)」とも呼ばれている。
そうであれば、キリスト教も「反キリスト」だと言えるのではないだろうか。
キリスト教圏の支配者層がユダヤ教徒であると言うなら、イエスを処刑したユダヤ教も「反キリスト」だと言える。
posted by ヘンリー・クライスト(夢蛇鬼王) at 08:21| Comment(0) | 【第1章】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。